社員が語る滋賀山下 vol.3

技術部 新入社員インタビュー「滋賀山下に入社して」

2016.02

制御設計課
新卒入社1年目
宮内 利祥

Q. 仕事の内容を教えて下さい

技術部の制御設計課です。電気回路の設計、制御盤の設計をやっています。昨年4月に新卒で入社したので、まだ1年未満の新人です。

Q. 入社のきっかけは何ですか

僕は高校で機械系を学んで、短大で電子系を学びました。学んだことをどちらも生かせる職場で働きたいと思い先生に相談したところ、ものづくりができる会社ということでこの滋賀山下を紹介されたんです。
僕は滋賀県ではなく熊本県の出身です。もともと県外で就職先を探していましたが、決め手になったのは大学の先輩が滋賀山下で働いておられて、実際に仕事の話などを聞けたことです。

Q. 実際入ってみて印象はどうですか

今のところ会社の雰囲気はつかめたかなという段階で、仕事面ではまだまだ専門的な知識が足りていないので、これから身に付けていかないといけないと思っています。現在は上司や先輩から指示された仕事をやって提出するというかんじで、まだ一人でまかされてやるということはないです。
製造部の人と話す場合も、分からない事があった時に聞きにいくという形で、製品についての打合せなどはまだ経験がありません。今は勉強させてもらっているというのが実感です。これから学んだ事を仕事に生かせるようにがんばりたいです。

仕事についての印象ですが、滋賀山下では流れ作業のように毎回同じ仕事を繰り返すという事がなくて、作業に対してこれだけ覚えておけばいいという仕事内容ではないんです。毎回違う知識や技術が必要なので”対応力”が必要とされます。オールラウンドな対応が求められるという印象です。
一つのものを完成させるのも大事ですが、それをさらに発展させていける技術力を身につけていきたいなと感じます。

あと会社の雰囲気ですが、他の社員さん達と廊下ですれ違った時やちょっとした時に、休みは熊本に帰るの?とか滋賀県は慣れた?とか話かけてくれるので、そういう空気がいいなと思います。

Q. やりがいを感じるときはありますか?

先日ある部品が正常に動作するかを検査する機会があったんですが、自分が関わった部品が装置のこの場所に使われているんだと実際に見て実感した時、いいな、面白いなと思いました。

Q. 入社して意外に思った事などはありますか?

入社前は、もっと部署ごとに分かれて仕事をしているイメージがありました。技術部は制御担当と機械担当で分かれていますが、仕切りもなくオープンな空間で話し合って設計していますし、また製造の人とも現場で「もっとこうしたらいいんじゃないか」と話をして作っていく。みんなで一つの機械を作っているかんじを受けました。自分もこれからそういうものづくりの形に携わっていくことでやりがいが生まれてくるんだろうと思っています。

Q. 福利厚生についてはどうですか?

熊本から滋賀にきたので、仕事だけではなく生活面でも不安な部分はありました。今は滋賀山下の寮に入ってますが、車で15分くらいだし一般的なマンションで快適です。ほかにも4人くらい入っている人がいます。はじめから住居や設備がサポートされているので安心でした。

Q. 会社での旅行や交流会があるそうですが?

入社するまでそういう場がある事を知らなかったんですが、いつもまじめな先輩の楽しい面も見れて面白いですよ。交流できるチャンスというか、いい機会だなと思います。

Q. 就活中の方にメッセージ等あればお願いします

自分の強みを見つけて、どんどんアピールすることが大事なのかなと思います。滋賀山下の仕事は流れ作業ではなく、毎回違う内容で発見があるし、飽きない面白さがありますよ。
僕は自分の作りたい物が形にできて、自分の設計したものでお客様に満足してもらうという仕事がしたいと思ってこの会社に入りました。就活中の方にも興味を持ってもらえたらと思います。

もっと見る 機械設計課 新入社員インタビュー